性病検査が必要な方へおすすめの検査キット

性病検査を受けるべき3つの重大な理由!放置してはダメ!

性病検査は自宅でもできますよ♪もっと知ってほしい性病検査!

性病検査

性病検査をお考えの方へ。気になる症状があったり、思い当たるような行為がある、と言う不安で心配な方へ。性病かもしれないと言う状況を放っておくととても重大な病気へと発展してしまう可能性もあります。性病かもしれない、と思ったら検査をまず受けてみましょう。検査をしてスッキリ陰性であれば問題なし。でも陽性の可能性もあるんですから、性病検査をして陽性だった場合はすぐに治療を始めましょう。早期発見が後々の健康や将来について明るい未来があります。

 

 

 


性病検査を受けるべき理由とは 性病を放置すると

性病検査

性病を放置しておけない重大な3つの理由

 

1.性病を放置しておくと命にかかわることがある

 

性病は軽い性病であっても自然治癒することはとても難しいと言われています。

 

クラミジア自然治癒は可能なの?

 

全く可能性としてはゼロではありませんが、仮に最も軽いと言われているクラミジアなどに感染した場合、そのまま病院で治療もせずに放置しておいても治ることはほとんどありません。その間、パートナー等に感染させてしまう可能性はとても高い割合でありますし、また、別のパートナーに対しても同じです。そうすることによって性病がネズミ算式に感染を広げていってしまいます。どの性病でも同じです。よくHIVの説明などで受ける彼女や彼氏の知り合いも関係すると言うあれと同じなのです。
また性病(性感染症)でも最も重い部類の梅毒やHIV等直接命にかかわる危険を持った性病もありますので、特に気になる特有の症状が出ている場合は放置せずにすぐに検査を受け治療を開始しなければいけません。数年サイクルで梅毒などは感染の流行が繰り返されるため若い世代でも検査は必要になります。

 

2.不妊症になる危険

 

性病は尿道などへ炎症をおこすものが多くあります。ポピュラーな性病と言われるクラミジアや淋菌性尿道炎、また多くの性病は炎症を伴うものが多くそのまま放置しておくと合併症状を起こし男性は精巣、女性は骨盤腹膜炎や膣内での炎症や腫瘍などの可能性があります。

 

3.がん化する可能性

 

がんも今やウィルスの可能性を示唆されています。感染するがん化するウィルスとしてHPVが有名ですが、HPV(ヒトパピローマウィルス)は性行為でも特にオーラルセックスを介してがんになる可能性が示唆されていますし、また海外のミュージシャンや俳優さんなどもオーラルセックスを繰り返し、舌癌等の口腔内のがんを患う方がいらっしゃいます。
性行為で性器を挿入する際にHPVを感染すると、子宮頚がんなどの可能性があります。


不安なことがあるから性病検査を考えている方へ

性病検査

性病検査をしてみたい、気になる症状とか最近エイズやHIVウィルスなどの恐怖に対して触れる機会があって、気になることがあると言う方はまずは性病検査がおすすめですよ。性病検査は病院とかで受けないといけないと思っている方も多いのですが、実は今や性病検査は自宅でも出来る性病検査キットが出来ており、自宅に居ながらにして性病検査を受けることが出来るのです。

 

性病検査の方法はとても簡単。気になる症状がある方は、症状の種類などからも選ぶことが出来ますので、なんの性病に罹っているのかがすぐに検査出来ます。性病検査と言うととにかく病院の泌尿器科に行って、どうされましたか?などと検査に来たのにどうしても受付や看護師さんに自分の症状などを伝えないといけないですよね。

 

自分がもしかしてHIVに感染しているかもしれない…なんていうことはとても言い出しづらいですし、100歩譲って性病検査に来ましたなんて言うこともまわりに誰かがいたりしたらとっても言えない状況ではないでしょうか。自分が仮にHIVかもしれないと言うことが誰かに知られてしまう可能性もありますし、もちろん偏見を持つのはよくはありませんが、HIVじゃなくてもそんなうわさが広まってしまう可能性も変に考えてしまいます。地元の病院に行けば誰かに会う可能性だってあり得ますし、また性病検査は泌尿器科とか産婦人科、皮膚科などでも検査が可能なのですが、泌尿器科に行けば誰かに会う可能性だって十分にあり得ます。

 

地元でうわさになるのは病院で性病検査などを見られた時?

 

あいつのこと泌尿器科でみたよ、的な噂とかって地元だとすぐに広がってしまう可能性だって考えられますからね。性病検査に行ってとっても恥ずかしい思いをした私だからこんな体験談をお名はし出来るんです。初めて病院に性病検査に行ったときに、それは自分に疑わしい性行為があって、それで膿が出ているように感じたんです。すぐに病院に行く決意をして、これはまず性病に間違いないと思いこんでいったのです。病院に行けば性病検査をしてハッキリわかるだろうし、それとなく看護師さんとかも優しく気を使って接してくれるはずという淡い期待を持って病院へすぐに言ったんです。しかし現実はとても残酷でした。病院に行けばまず受付を通されます。

 

 

受付では性病検査に来たとか、性病かもしれないと言う方に対しての配慮というものがとても少ないんです。少ないと言うかほとんどないんです。病気は病気。なんの検査をしに来たのかなんていうことも結構聞かれるんです。私が初めて病院を訪れると、受付の方が今日はどうされましたか?と言う風に聞いてくるんですよね。性病検査に来ました!なんていう風にハッキリ言えるような状況ではありません。性病検査に来たと言うことを言えばまわりにいる他の病気で来ている方にも聞かれてしまうからです。これは本当にツライですよね。何とか勇気を振り絞って泌尿器科へゴニョゴニョと言葉を濁しながら性病検査に来たと言うことは伝えないで受付を通りました。

 

 

しかしやはりとても病院は残酷なものです。せっかく受付を通ったと思ったら今度は若い同世代くらいの看護師さん。今日は性病検査に来ましたなんていう風に言いだしづらいことこの上なく。それでも勇気を振り絞って何だか膿が出るんですと言うことを顔を真っ赤にしながら伝えました。するとなんの気づかいもなく、あ、性病検査しましょうか。なんていう素っ気ない受け答え。もう性病検査に病院なんて絶対行きたくない!っていう風に思ってしまいました。男性だって女性だってこれはとっても恥ずかし目を受けている風に思えませんか?性病検査にいくのになぜこんなストレスを感じながら性病検査にたどり着かないといけないの?もう二度と性病検査なんてしたくない!

 

 

性病が蔓延するのって実際検査の方法とか手段とかがお手軽で身近じゃないから検査が浸透しないんじゃ?って私その時とても思ったんです。どうして病院とか、行政とか、政治とかって性病検査についてHIVウィルスが流行っていてエイズの不安とかがたくさんあるのに性病検査を一般的に広めようとしないわけ?ってとても怒りがわいてきたのを覚えています。私だったら性病検査をもっともっと身近にしていかないといけないっていう風に考えて政治に立候補しようかと思ったくらいです。

 

 


性病はなくならないだから一人ひとりが検査を受けることが大事

今や梅毒とかまた流行の兆しがあって、性病検査ってもっと身近にならないといけないっていう風に感じるんです。なぜなら梅毒の流行も若い世代を中心に起こっているという現実があるからなんです。だからもっともっとみんなに性病検査のことを知ってほしいし、大人だってもっと若い世代の高校生だって性行為をすれば性病の危険てあるんだから検査キットの存在を知っていれば病院が恥ずかしいからいかない、でももし病気だったり性病だったらなんていう不安がずっと付きまとうんですよ。

 

 

だから性病検査って誰にでも出来ることであってほしいって願っているんです。性病検査キットじゃなくたって行政だって性病検査は可能です。自治体で行っている性病検査は保健所がほとんどだと思いますし、また県庁の近くなどではたまにHIVの検査が無料でと言うところも多数ありますからね。しかし自治体が行っている検査のほとんどは検査時間に限りがあります。気になるからすぐに検査したいと言う方も性病の恐れがあると言う方も性病の種類などによっては週に1回とか、月に1回なんていうこともありまえます。おまけに性病検査と言うのは性病検査ですべての性病が分かると言う訳ではありません。自分の症状としてどういった症状があるのか、ということを分かっているか、この性病の種類の検査をしたいと言う申告制ですから、エイズ検査はエイズの検査をするメソッドです。性病検査と言うのは性病の種類をすべて検査するとなるととても高額です。何らかの症状が出ていると言うことであれば検査をすることも可能ですが特に症状もないのに検査をしたいといってもすべての検査になります。

 

 

 

それに症状が出ている性病検査と、でていない性病検査では実は保険の適用問題に関しても違いがあるのです。なんの症状も出ていないのに性病検査をしたい、という場合はこれはただの健康不安になりますので、保険の適用の範疇ではなくなります。つまりこういった場合は実費です。何らかの症状が出ていて、たとえば膿が出ているとかおしっこするとき激痛が走るなんていうことの場合はこれは治療に相当しますので検査は保険の適用の範疇なんですね。

ホーム RSS購読 サイトマップ